トピックス

施工前の近隣挨拶。どうするべき?

施工前の近隣挨拶は、どうするべき?

夫 :『さあ!プランも決まったことだし、いよいよ来週からリフォーム工事だな!!』
妻 :『そうね!でもちょっと待って、「工事をしますよ!」って、ご近所さんに挨拶していないわ。このままじゃ、始まった途端工事するなって怒られてしまいそうよ。』

夫 :『それは大変だ、急いでこれからご挨拶に行かなくちゃ。」
妻 :『でもこれって私たちがすることなのかしら。細かい工事の内容や、工事の日程もわからないし。』
夫 :『うむ、確かにそうだな、一体どうすればいいんだ~。』
・・・・・

こんな風にリフォーム工事をするにあたって、住んでからのご近所付き合いを心配される方も多いでしょう。
でも実際にはどうすれば良いかわからない、自分たちで行う必要があるのか、と困っている方もいらっしゃいますよね。

今回は、そんなお悩みについてお答えします。

リフォーム工事前の近隣挨拶は必要??

必須です!!
リフォーム工事で問題になりやすいのは、大きく3つ。

① 解体や材料を切るときに発生する大きな音。
② 接着剤やペンキから出る異臭。
③ 職人や搬入業者の車の駐車位置や、マナーが悪さなど。

こんなことが自分の身近で、ある日突然起こったら怒りたくもなりますよね。
場合によっては、住んでからのご近所付き合いが悪化してしまうことも。
そのような事態を少しでも避ける為に、工事前の近隣挨拶はとても大切です。

近隣挨拶は、いつ、誰が行うの??

では実際に、近隣への挨拶はどうすれば良いのでしょうか。

・現場担当者が1週間前に挨拶を行います。

時々、施主様から、「工事前の挨拶はした方が良いですか」と、聞かれることがあります。弊社の場合は施主様に安心して工事を任せて頂けるよう、基本的に現場担当者が事前の挨拶を行います。
ただ、工事内容によっては施主様からの挨拶が必要なこともあります。
ご近所付き合いの面もあるかと思いますので、「ずっと住んでいるところで何もしないのも…」、とおっしゃる方など、状況に応じてご挨拶をお願いすることがあります。
挨拶は、工事のおおよそ1週間前に行います。近隣の方にもある程度の期間を与える事で、音がうるさくなる時間帯に外出予定を組んでくれたり、塗装工事の前には洗濯物を干さないでくれたりと、工事に備えた準備をしてくれます。
なるべく直接会って挨拶ができるよう、土日や夕方など、曜日や時間帯を変えて伺いますが、どうしても不在の場合には、置手紙をするなどの対策をとっています。

挨拶では何を伝えるの??

近隣の方にお会いできたら、下記のような事をお伝えしています。

① 工事の期間
② 作業の時間帯
③ 工事内容
④ 施工会社・連絡先

弊社の場合、上記の内容を記載しているご挨拶用の書面を一緒にお渡しし、万が一の伝え漏れの無いようにしています。
またご挨拶の際には、心ばかりのお品ですが、タオルをお渡ししています。
ご自身でやられる際も、何かしらの粗品をご用意されることをお勧めします。

挨拶はどこまでするの??

簡単に言うと、『向こう3軒両隣』

昔の言葉ですが、自分の家を中心とした時の両隣と、表裏で向かい合う3軒の
計8軒を指しています。

実際のイメージは下記のようなかたちになります。↓↓↓(が『向こう3軒両隣』)

 

【戸建ての場合】

【集合住宅の場合】

基本的にはこの範囲は最低限行います。あとは道が狭いなどの地域環境などで、もう少し範囲を広げて行うこともあります。

以上が、工事前の挨拶についてです。
工事中も工事後も、安心して生活できるお手伝いをさせていただきます。

工務 市川

当社はお客様のすべてのニーズにお応えできるよう地域に密着した多面的なサービスを展開しています。リフォームのことならアールスタジオの「お問い合わせ」フォームからご気軽にご相談ください。

INSTAGRAM