トピックス

リフォームと照明計画

照明機器リフォームと照明計画

普段何気なく過ごしているお家ですが、照明について考えたことはありますか?
照明を少し変えるだけでもお部屋の印象はガラッと変わります。
今回は、リフォームだからできる照明計画についてご紹介します。

自分で交換できるものと出来ないもの

照明器具の設置方法には、「引掛けシーリング(ローゼット)」と「直付け照明」があります。
・引掛けシーリング(ローゼット)は、照明器具の接続部分を差し込み、回すと簡単に取り付けができるものです。
・直付け照明は、玄関や洗面所、トイレなどに多く、照明器具が直接電気配線と繋がっています。照明器具を交換する際は電気工事士に依頼する必要があるため、工事費がかかります。リフォーム工事の際、電気工事が含まれている場合には、照明器具の交換も一緒にお願いすると費用を安く抑えられるかもしれません。

照明の色と明るさについて

照明の色には、電球色・昼白色・温白色の3種類があります。色によって適した空間も違ってくるため、色ごとの特徴に合わせて選定することが大切です。

電球電球色

オレンジの色見です。
温かみがあり、まぶしさが少なく目に優しいため、リビングや寝室などリラックスしたい場所におすすめです。

電球昼白色

白っぽい色見です。
太陽光に近い自然な明るさなので、キッチンや書斎など作業をする場所におすすめです。

電球温白色

電球色と昼白色の中間の色見になります。
自然な色合いでくつろぎと作業性を兼ね備えているため、どの空間にも適しています。

照明器具の明るさは、lm(ル―メン)という単位で表します。部屋の広さに適した明るさの照明を選定することで、眩しすぎたり暗すぎたりするのを防げます。

また近年、調光調色ができる照明器具も出てきています。光の色と明るさを調節できるので、ダイニングで食事をするときは電球色、子供が宿題をするときは昼白色など、用途に合わせてスイッチ一つで変えることができます。

リフォームだからできる照明

 

建築化照明


光源を壁や天井などに組み込み、建築構造と一体化させた建築化照明。人に直接光が当たらず、光の反射や拡散によって明るさを感じるため、くつろぎの空間を実現できます。

ダウンライト


ダウンライトとは、天井に光源を埋め込んだ照明で、シーリングライトなどと違い照明器具が目立たず、天井をフラットに見せてくれます。ダウンライトの光には、集光タイプと拡散タイプがあり、光の広がり方が異なります。カウンターの上をスポット的に照らすのであれば「集光タイプ」、部屋全体を照らすのであれば「拡散タイプ」など、用途に応じて使い分けをします。また、スポットライトのように向きを変えることができる「ユニバーサルタイプ」もあります。

どちらもお部屋の雰囲気がグッとおしゃれになります。せっかくリフォームをするのであれば、照明にもこだわって自分だけのくつろぎ空間を作ってみませんか?こんな感じにしたいというイメージだけでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

アシスタント 小林

当社ではリフォームインテリアの雰囲気に合わせた各種照明に関するご相談も承っております。ご気軽に「お問い合わせ」フォームからご相談ください。

INSTAGRAM